§ 理想的な塗り替え時期 -HOME PAINT-

▶ 自分で判断できる塗り替え時期

屋根や外壁のほか付帯部などご自身でも塗り替えの時期を確認することが出来ます!!

例えば・・・

● 屋根の塗り替え時期は??

屋根は、なかなか確認しづらいですが気にして見てみると黄色くコケなどが生えていて明らかに汚れているのが確認できます。このような状態は、屋根材の防水機能は低下していてすでに塗り替え時期になります。

 

トタン屋根の場合は、色などがはがれサビなども発生している場合があります。このままサビが進行すると屋根に穴が開いてしまいそのまま放置すると・・・想像がつきます。

           <コロニアル>

<トタン屋根>

<穴の開いてしまった屋根>


※このような状態では、すでに防水効果はほとんどなく雨漏りの要因になりかねません。

● 外壁の塗り替え時期は??

外壁などは、チョーキング(チョーキングとは太陽光による紫外線のため外壁の塗膜が劣化し、外壁表面が粉状になること)などにより壁に触ると白く手についたり、外壁に湿気が帯びて藻や苔などの発生。さらに、黒いシミや塗膜の剥がれ・クラックといわれるひび割れ・シーリング材の割れ、などが確認できるとすでに塗り替え時期です!

これは、外壁材や旧塗膜の防水機能が低下してきている証拠です!!

 

このまま放置しておくと家全体の老朽化を促進させる要因になりかねません。

およそ7年~10年目くらいが塗り替えのお勧め時期になります。

◆外壁の雨漏り危険度を★の数で表しました。

  • 雨漏り危険度 ★ →外壁表面の防水機能が低下しています。外壁に湿気が帯びているので藻や苔などが発生しています。
  • 雨漏り危険度 ★★ →外壁表面の防水機能がかなり低下し、塗膜の内側まで雨水が入り込んで、外壁の塗膜が剥がれています。
  • 雨漏り危険度 ★★★ →すでに外壁の割れやシーリング部分から毛細管現象により内部に雨水が入り込んでいる恐れがあります

<チョーキング>

雨漏り危険度   ★☆☆

<苔や藻などの発生>

雨漏り危険度   ★☆☆

<黒いしみ>

雨漏り危険度   ★★☆

<塗膜のはがれ> 

雨漏り危険度   ★★☆

<クラック>

雨漏り危険度   ★★★

<シーリング材の割れ>

雨漏り危険度   ★★★

● 破風板・窓枠・軒裏などの塗り替え時期は??

木部などは、古くなってくると旧塗膜がはがれ下地の木部がむきだしの状態になってしまいそこに雨水や湿気、さらに紫外線などによりむきだしになった下地がボロボロになってしまい、その木部自体を新しく交換しなくてはいけなくなり、塗装をするよりも莫大な費用がかかってしまいます。

そのようなことにならないためにも屋根や外壁と一緒に塗り替えをするのがおすすめです!!

 <破風板>

<軒裏>

<窓枠>


● 戸袋・雨戸などの塗り替え時期は??

 戸袋や雨戸などは、アルミでできているものもありますが、そのようなものは塗り替えが必要ないと思っていませんか?

それは、間違いです。アルミでも長い間、月日が経つと白い粉のようなものが発生してきます。これはアルミに発生するサビです!

この錆をこのまま、放置しておくとサビの発生箇所から穴が開いてしまう場合も考えられるのでこのような状態になる前に塗り替えをすることをお勧めしています!!

<戸袋の場合>

               <アルミのさび>


※ちなみにこの戸袋の写真は、10年前に依頼され弊社で塗装した戸袋です!!
 きっちりと塗装をすればいつも雨ざらしになっている戸袋でも長持ちします!!

● 霧除け(きりよけ)・雨樋の塗り替え時期は??

霧除けや雨樋も1度でも塗装されている場合、年数が経過すると旧塗膜がはがれてきます。これらの箇所もこのまま放置しておきますと様々な、家の老朽化の要因になりかねませんので早めに対処したほうがいいでしょう!!

屋根や外壁の塗り替えと一緒に塗り替えるのがおすすめです!!

<霧除け1>

<霧除け2>

<雨樋>


● 鉄部の塗り替え時期は??

鉄部の場合は、旧塗膜がはがれていたり、茶色のサビなどが発生している場合はすでに塗り替え時期になります。

このまま放置しておくと、サビの箇所が腐食し穴が開いてしまう場合がありその箇所から雨水などが家の中に入り込む恐れがあります。そうなってしまうとまた余分な費用がかかってしまいます。

鉄部なども5年以内の塗り替えがおすすめです!!

<鉄部のサビ>

<腐食し穴が開いてしまった手摺>

<旧塗膜のはがれ・サビ>


● ベランダ防水箇所の塗り替え時期は??

ベランダなどの防水箇所も年数が経過していくと、ひび割れやはがれなどが発生し、防水効果がなくなってしまい、水漏れなどの原因になりかねませんのでしっかり確認しましょう!!

防水なども遅くても5年以内がおすすめです!!

<細かくひびが入ってしまった防水面>

<はがれてしまった防水面>


※このような場合には、早急に対処しなくてはならないでしょう!!